Edit Page

イディオム

Kotlinでよく使用されるイディオムを集めました。もし好みのイディオムがあれば、プルリクエストを投げて貢献してください。

DTOの作成(POJO/ POCO)

data class Customer(val name: String, val email: String)

Customerクラスは次の機能を提供します:

  • 全てのプロパティのゲッター(とvarキーワードが使用されたときはセッターも)
  • equals()
  • hashCode()
  • toString()
  • copy()
  • すべてのプロパティに対して、component1(), component2(), …, (Data classesを参照してください) 関数の引数に対するデフォルト値

関数の引数に対するデフォルト値

fun foo(a: Int = 0, b: String = "") { ... }

リストのフィルタリング

val positives = list.filter { x -> x > 0 }

または、こう短くも書けます:

val positives = list.filter { it > 0 }

文字列補完

println("Name $name")

インスタンスのチェック

when (x) {
    is Foo -> ...
    is Bar -> ...
    else   -> ...
}

mapやlistのペアを書き下す

for ((k, v) in map) {
    println("$k -> $v")
}

k, vは何からでも呼び出すことができます。

範囲の使用

for (i in 1..100) { ... }
for (x in 2..10) { ... }

読み取り専用list

val list = listOf("a", "b", "c")

読み取り専用map

val map = mapOf("a" to 1, "b" to 2, "c" to 3)

mapへのアクセス

println(map["key"])
map["key"] = value

遅延評価プロパティ

val p: String by lazy {
    // 文字列を評価
}

拡張関数

fun String.spaceToCamelCase() { ... }

"Convert this to camelcase".spaceToCamelCase()

シングルトンの作成

object Resource {
    val name = "Name"
}

if not nullの省略記法

val files = File("Test").listFiles()

println(files?.size)

if not null and elseの省略記法

val files = File("Test").listFiles()

println(files?.size ?: "empty")

if null文の実行

val data = ...
val email = data["email"] ?: throw IllegalStateException("Email is missing!")

if not null文の実行

val data = ...

data?.let {
    ... // nullでなければこのブロックを実行する
}

when文でreturnする

fun transform(color: String): Int {
    return when (color) {
        "Red" -> 0
        "Green" -> 1
        "Blue" -> 2
        else -> throw IllegalArgumentException("Invalid color param value")
    }
}

'try / catch'式

fun test() {
    val result = try {
        count()
    } catch (e: ArithmeticException) {
        throw IllegalStateException(e)
    }

    // resultを使って何かする
}

'if'式

fun foo(param: Int) {
    val result = if (param == 1) {
        "one"
    } else if (param == 2) {
        "two"
    } else {
        "three"
    }
}

Unitを返すメソッドのビルダースタイルの使用

fun arrayOfMinusOnes(size: Int): IntArray {
    return IntArray(size).apply { fill(-1) }
}

単一式関数

fun theAnswer() = 42

これは次と等価です:

fun theAnswer(): Int {
    return 42
}

これは他のイディオムと組み合わせることができ、コードを短くすることにつながります。例) when-式:

fun transform(color: String): Int = when (color) {
    "Red" -> 0
    "Green" -> 1
    "Blue" -> 2
    else -> throw IllegalArgumentException("Invalid color param value")
}

'with' を使って、あるオブジェクトのインスタンスで複数の関数を呼ぶ

class Turtle {
    fun penDown()
    fun penUp()
    fun turn(degrees: Double)
    fun forward(pixels: Double)
}

val myTurtle = Turtle()
with(myTurtle) { // 100pxの四角形を描く
    penDown()
    for(i in 1..4) {
        forward(100.0)
        turn(90.0)
    }
    penUp()
}

Java 7のtry-with-resources

val stream = Files.newInputStream(Paths.get("/some/file.txt"))
stream.buffered().reader().use { reader ->
    println(reader.readText())
}