Edit Page

コーディング規約

このページでは、Kotlin言語の現在のコーディングスタイルを紹介します。

命名スタイル

よく分からない場合はJava のコード規約に従ってください:

  • キャメルケースの使用(そして命名でのアンダースコアの使用を避ける)
  • 型は大文字で始まる
  • メソッドとプロパティは小文字で始まる
  • 4スペースインデントの使用
  • public関数はKotlin Docに登場するようなドキュメンテーションがないといけない

コロン

コロンが型と継承元のセパレータとして使用される際は、一つ前にスペースが必要です。 一方、インスタンスと型のセパレータとして使用するときには、スペースは不要です。

interface Foo<out T : Any> : Bar {
    fun foo(a: Int): T
}

ラムダ

ラムダ式では、スペースが波括弧の周りに必要です。また、パラメータを本体と分かつアロー(->)も同様です。 可能な限り、ラムダを括弧の外に渡す必要があります。

list.filter { it > 10 }.map { element -> element * 2 }

短くてネストされていない(入れ子でない)ラムダ内では、 パラメータを明示的に宣言する代わりに it 規約を使用することを推奨します。パラメータを持つネストされたラムダでは、パラメータを常に明示的に宣言する必要があります。

ユニット (Unit)

関数がUnitを返す場合、戻り値の型は省略されるべきです:

fun foo() { // ": Unit" が省略されている

}